Categories: ニュース

熊本県への支援広がる カレー食べて支援を 京町のNPO

 地震による被害に見舞われている熊本県でボランティア活動に取り組んできた篠山市京町のNPO法人「P・U・S(バングラデシュの村を良くする会)」が、同県西原村の障がい者福祉施設を支援しようと、同施設が製造している馬肉入りのレトルトカレー「阿蘇俵山カレー」(500円)を仕入れ、同市二階町の「だいじょうぶ屋」で販売している。売り上げの全額を施設に寄付するもので、「おいしく食べてワンコインの支援に協力を」と呼びかけている。

Share

Recent Posts

催し多彩に「観月園遊会」 9月25日、篠山市民センターで

 「第20回観月園遊会」が9月25日午後…

7時間 ago

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

1日 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

2日 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

2日 ago