Categories: 中井一統特集

浦宮神社(宮津市中津宮の谷)

 祭神は少童命(海神ワタツミノミコト)、創祗年代は不詳。古くは波穏やかな栗田湾に面した中津浜に鎮座していたが、文化元年(1804)に山裾に遷座した。現在の社殿は比較的新しく、昭和10年前後のものらしい。この湾に面して、上司の住吉神社、中津の浦宮神社、そして小田宿野の久理陀神社があり、すべて海の神を祀っている。太古の昔から船を使って鉄や玉の交易をやっていたのかもしれない。
 勾配のきつい石段を上る。本殿に見栄えのする彫り物がしつらえられている。中央向拝に左上方を睨む竜がいる。舌がピンと上に立ち、目の後ろが赤く塗られている。いらかも力強い。ただ銅線の髭が無いのと、宝珠が外を向かずに上を向いている。木鼻の唐獅子と象は大きな造りで、迫力があって美しい。手挟みには松と躍動的な鷹が目に入る。物資統制がきつくなり、素材が欅から檜になった時代の9代目中井権次橘貞胤の力作である。
中井権次研究家 岸名経夫

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

14時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

14時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago