Categories: ニュース

新病院 5月10日に起工式 2019年度上期開院めざす

 丹波市氷上町石生の建設予定地で5月10日、県立丹波医療センター(仮称)と丹波市地域医療総合支援センター(仮称)の工事安全祈願祭と起工式が行われる。工期は2019年3月20日。2019年度上期の開院をめざす。

 両施設の建築工事を64億2960万円で落札した「大林・大鉄・阿比野特別共同体」(代表構成員=大林組神戸支店)が午前10時半から祈願祭を開き、続いて県が起工式を開く。施主の井戸敏三県知事と谷口進一丹波市長らが出席する。

 市のセンターも、県立病院と一体的に発注する方が好都合として、設計の時点から県が入札事務を取り仕切り、市は県に分担金を支払う。

 当初、2018年度中の開院をめざしていたが、設計が遅れ、一般競争入札の公告も遅れた上に不調になり、再入札するなどスケジュールが狂い、開院時期を遅らすことに。空調と衛生設備は2度入札不調となり、いまだ業者決定に至っていない。県営繕課は、起工式を行い、土地造成などの工事を進める中で、並行して3度目の入札を行う方向で調整中という。同課は、「開院時期をこれ以上遅らせられない。粛々と起工式を行う」と話した。

 氷上工業団地の未売却地5・4を県みどり公社から購入した。

Share

Recent Posts

古代米9種類鮮やかに 種もみ継承し栽培/兵庫・篠山市

 兵庫県篠山市吹上の農業、瀧山玲子さん(…

17時間 ago

催し多彩に「観月園遊会」 9月25日、篠山市民センターで

 「第20回観月園遊会」が9月25日午後…

2日 ago

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

3日 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

4日 ago