Categories: 中井一統特集

二宮神社(京都府京丹波町橋爪)

 京都に向かう国道9号線旧瑞穂町の橋爪を右折し、高屋川の宮前橋(木造)を渡った所の山すそに鎮座する社。創建時は不明。祭神は応神天皇ほか3神。火事により焼失、天保2年(1831)に再建。唐破風三間社流れ造の重厚な社殿で、桧皮葺で覆い屋がある。
 彫り物は、兎の毛通しに右前方を向けて今にも飛び出しそうな、躍動感溢れる鳳凰が目に入る。向拝中央は定番の竜である。真ん中に宝珠を握り、骨太の“いらか”をピンと立て、目の後方に朱色を残し左下方を睨んでいる。その左右には、牡丹と唐獅子が舞っている。木鼻には少し首を内側に振った阿吽の呼吸の絶妙な作りの唐獅子、外側は阿吽の獏である。また持ち送りには大きく羽を広げ波の上を飛翔する海鳥がいる。脇障子は、左が崖の上にいる親の唐獅子を下から子の唐獅子が大きく口を開けて呼んでいる図。右が中国の神仙説話の老人だ。6代目中井権次正貞の秀作だ。
中井権次研究家 岸名 経夫

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

27分 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

28分 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

28分 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

28分 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

1日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

1日 ago