Categories: 中井一統特集

二村神社(篠山市味間奥)

写真・拝殿横の唐獅子

 文保寺に入って行く手前の鳥居を辿るとこの神社に行く。創建は歴史のある古市の見内の二村神社の座争いから、室町時代の文明14年(1482)に西吹の二村神社と共に分社化されたものである。境内には波多野秀治を祀る御霊神社他5社の摂社があり、特別保護建造物である。社殿は立派な拝殿と本殿からなっている。社殿の造作も誠に多彩なものである。
 向拝の兎の毛通しには、波の上を飛翔する大きく羽を広げた海鳥が見える。中央の実に狭い空間には宝珠を握った竜が居るが、迫力を欠くのはやむを得ない。その上部には阿吽の呼吸の牡丹と唐獅子だ。木鼻には定番の唐獅子と獏が居り、赤く塗った舌が印象的だ。手挟みには、驚くほど精緻な鳳凰と牡丹が目に入る。その外側には長寿を願う海亀の霊獣が居る。本殿背面上部の力神もいい。脇障子は、鹿と紅葉、花の下の犬という素朴なものだ。中井正貞文保寺同様の秀作である。
中井権次研究家 岸名 経夫

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

13時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

13時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

13時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

13時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago