自殺願望


 「心の弱さに負けないように立ち向かうんだ さあ走り続けよう叫び続けよう求め続けよう この果てしない生きる輝きを」と歌った尾崎豊は、あえなく26歳の命を断った。

 神奈川で起きた若者9人遺体事件。容疑者はツイッターを使ってネットで自殺願望者に近づいた。ツイッターのタグで「自殺」を検索すると、あるわあるわ、「一緒に安楽死できる仲間がほしい。メールを下さい」と言ったツイートが、事件後の今なおいっぱい載っている。「生活が苦しく生きるのに必死。お金を残して逝かれる方、わずかでも援助願えないでしょうか」と、便乗したようなのには笑ってしまったが。

 どれが本気で、どれが遊びか、どれが他の思惑あってのことか見当はつかないが、顔も知らない遠くの人と、便利な通信手段のお陰で簡単に接触できるようになった故には違いない。

 ある教育委員会が中高生らにLINEで相談に応じ、成果を上げているそうだが、今の若者には身近に相談できる人がいないのだと、つくづく思わせられる。ツイッターを規制するだけでは解決はすまい。

 尾崎と同じ「誕生」という題で中島みゆきは「remember(思い出して)生まれた時 誰でも言われたはず 耳をすまして思い出して 最初に聞いたwelcome(ようこそ)」と歌うのだが。(E)