Categories: ニュース

「ぜひ来てねー」楽しく催し告知 村雲まち協が有線活用

写真・有線放送用の告知を録音する村雲まち協の役員ら=兵庫県篠山市小田中で

 「イベント当日のお天気は大丈夫でしょうか?ね、会長!」「去年は大雪だったけど、今年は大丈夫!!」「村雲一の男前が送迎します」―。村雲まちづくり協議会(粟野勝浩会長)は、同協議会の主催イベントの告知に有線放送を活用、複数の役員らによるユーモアたっぷりの“掛け合い”で住民たちを楽しませている。役員だけでなく、子どもたちが登場し、PRに一役かうことも。「従来の“原稿棒読み”のように堅苦しくなく、いかに楽しく聞いてもらえるかを考え、まち協の事業に関心を持ってもらえれば」と、役員自身も収録を楽しんでいる。

 3年前、「多紀まつり」の実行委員会が同じようなスタイルで告知をしていたのをヒントにした。主催イベントを主に年5―6回、放送している。録音は、篠山チルドレンズミュージアムを運営するドリームアウェイ社(吉田真知子社長)が協力している。この取り組みは、多紀小学校やJA、篠山東雲高校へも波及しているという。

 あらかたのシナリオは役員で考え、録音当日に“出演者”に手渡される。出演者はシナリオを読みながら“配役”を決め、自分が話しやすいように言葉を選びなおしたり、情報を加えたり、アドリブの台詞を加えるなど自由に修正。録音が始まると、間が悪かったり、台詞をとちったりするのもご愛嬌で、ほとんどの場合が“一発OK”。親しみやすい手作り感を大事にしている。ペンネームならぬ“有線ネーム”もあり、「ルパン」「たごさく」などが度々登場する。

 

Share

Recent Posts

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

15時間 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

2日 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

2日 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

3日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

3日 ago