Categories: 記者ノートコラム

のんびりと雛めぐり

 3月24日から丹波市柏原町の商店街一帯で「雛めぐり」が開かれる。約800体の雛飾りが商店や民家などに並べられる。
雛飾りの展示だけでなく、食や体験の催しも充実。ひな人形の絵付け体験や、丹波布のコースター作りなどの体験のほか、商店街内のレストランや菓子店など約20店が期間限定メニューを提供する。

 雛祭りとあって、女性が中心になって企画が進められている。その企画の一つで、縁起物を集めて吊るした「吊るし雛」が商店街のあちらこちらに飾られる。住民の女性たちが1年かけて作ったもので、約100点が展示され、まちを鮮やかに彩るだろう。

 さらに、当日は21回目となる「100円笑店街」も開催される。68店舗が雑貨や食べ物などをお得な「100均」で提供する。2011年にスタートしたイベントで、2年前から女性が中心になり企画を進め、参加店舗数や体験イベント数が増加した。

 雛めぐりのようなイベントは各地で開かれているが、ゆっくりと町の雰囲気を感じられるのが魅力。徒歩圏内で楽しめる雛めぐりをのんびり楽しみたい。(坂井謙介)

Share

Recent Posts

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 9月30日、田園交響ホールで

 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」が9月3…

55分 ago

和田地区の委員増を提案 山南地域の中学統合協議再開めざし

 丹波市教育委員会は山南地域の中学校統合…

55分 ago

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

1日 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

1日 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

1日 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago