「アルティ」来月にも閉店 仕入先失い営業継続困難に


 兵庫県丹波市春日町黒井のショッピングセンター「アルティ」の運営会社「中兵庫地域開発会社」、中核スーパー「サンウエキ」が、破産手続きの申し立て開始に向けた準備を進めていることが4月27日までに分かった。サンウエキはすでに事実上閉店し、残務整理中。一部テナントが閉店セールや引っ越し準備を始めている。中兵庫社は電力会社から5月中旬に電気供給を止めると通告されている。急な話に戸惑う一部テナントは5月末までの営業継続を求めている。1992年当時、丹波地域最大の量販店として開店した地元資本のショッピングセンターが5月中にも姿を消そうとしている。

 サンウエキは、フランチャイズ関係にあった「イズミヤ」(大阪市)から一般食品や日配品を、肉や魚、定評ある野菜は独自で仕入れていた。支払いが滞りがちだったことなどを理由に、3月末でイズミヤとの関係が切れ、商品供給がストップ。別の仕入れ先を探し5月中の営業再開をめざすとして、4月10日まで売り尽くしセールを実施。他テナントが営業を続ける中、サンウエキは11日から改装のため休業し、店舗営業を停止していた。