Categories: 丹波春秋

ヒマラヤ

 ネパールのヒマラヤ行きの帰り、首都カトマンズの街を歩いた。旧王宮前広場を初め世界遺産は多いが、3年前の大地震の傷跡は大きく、石造りの建物は崩れ、つっかい棒で支えている所も目立つ。

 日本や米国、中国などの支援で修復工事も始まっているが、遅々たる進み具合。以前に市内に住んでいた同行メンバーの1人が「きれいな景観だったのに、本当に痛ましい」と嘆いていた。

 町中の道路も、水道管や舗装などであちこち掘り返されている上、おびただしい数の車やオートバイ。交差点の信号は故障が多く、警官が「ゴー」「ストップ」の札をかざして整理しているものの、横断は命がけ。

 ヒンズー教の寺で、川縁に骸を並べて火葬している風景を対岸から眺めた。水を含ませた藁で全身を包み、長い時間をかけて焼く。灰をコインや故人の貴金属と一緒に流したのを、子供が数人、川に入って紐に結び付けた磁石で回収し、川下にいた母親らしい婦人に差し出していた。

 飛行機から見た近郊の山々は、急峻な坂に何十、何百もの段々畑が切り開かれているが、作物は限られていよう。多くの若者が海外に出稼ぎし、帰国の機中でも集団で韓国に行く若者と隣り合わせた。「初めて親から離れるのは淋しいが、エキサイトしている」。釈迦を生んだこの国に愛しさを感じた。(E)

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

19時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

19時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

19時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

19時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago