Categories: ニュース

俳人・細見綾子の生家 改修が完了 見学受入れ

写真・改修が完了し、見学者の受入れが始まった細見綾子の生家=兵庫県丹波市青垣町東芦田で

 兵庫県丹波市青垣町東芦田出身の俳人、細見綾子の生家の改修が完了し、4月1日から見学者の受入れが始まった。市が現状の趣を残しつつ改修を進め、屋内には直筆の作品や写真など綾子ゆかりの品々を多く展示している。22日午後1時半から、生家で開館式を開く。

 木造の生家は明治時代の建築と考えられ、改修によって建具や畳などを新調。新たに事務室とトイレを設けたほか、崩れかかっていた「かまど」を修復した。生家の周囲を取り囲む塀も新しくし、駐車場も設けた。

 設置した展示ケース内には、日本女子大学校卒業時の写真や、俳人の夫・沢木欣一直筆の原稿などが並ぶ。綾子の代表作「でで虫が 桑で吹かるる 秋の風」の掛け軸、作詞した芦田小学校校歌の直筆も額装し掲げている。部屋のところどころに俳句を書いた短冊を展示しているほか、綾子が使用していた筆や硯も置いている。今後も展示品を増やすという。

 開館は午前10時―午後4時(入館は3時半まで)で、前日までの予約が必要。高校生以上200円。毎週月曜と年末年始(12月29日―1月3日)が休館。市文化・スポーツ課(TEL0795・74・1050)。

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

24時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

24時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago