Categories: たんばのひと

「ママの働き方応援隊」北播磨校丹波学級長 清水真有子さん(丹波市山南町岡本)

赤ちゃんと命の尊さ伝える

赤ちゃんとの触れ合いを通じ、命の尊さを伝える「赤ちゃん先生プロジェクト」を開く団体「ママの働き方応援隊」北播磨校の丹波学級長を務める。同学級に登録する親子たちとともに小中学校などを訪問。子どもたちに“赤ちゃん先生”を抱っこしてもらったり、子育ての喜びや苦労を伝えることで、命について考える場になればと願っている。

朝来市出身の中学校教諭。結婚を機に丹波市に移住し、2年前に長女・千陽ちゃんが誕生した。アパート暮らしだった当時、子育ては楽しく充実していたものの、移住者のため周りに知り合いも少なく、日中は孤独を感じることもあったという。

そんな時、インターネットで同プロジェクトの存在を知った。妊娠と出産、子育てを経験し、それまで以上に感じるようになった命の尊さを、教え子らに伝える機会になればと、同プロジェクトトレーナー講座に応募した。

同プロジェクトで中学校を訪問すると、思春期真っただ中で照れ屋の生徒たちが懸命に赤ちゃんをあやし、自然と笑顔の輪が広がる。「生徒には、生まれてきただけで素晴らしいことなんだよと伝えている。目の前に赤ちゃんと母親がいるからこそ伝わるものがある」と語る。

7月に育休から復帰する。今後は、丹波学級と同プロジェクトの活動を受け入れてくれる施設をつなぐ役割を担う。これから親になる人を対象にした「プレパパ・プレママ」教室の開催も検討している。「子どもを産むことは当たり前ではなく、すごいこと。子育てで悩むことは多いけど、プロジェクトを通じ、お母さんにも笑顔になってほしい」。38歳。

Share

Recent Posts

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

22時間 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

2日 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

2日 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

3日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

3日 ago