Categories: ニュース篠山市

「大河」で振興へ“軍議”開始 篠山市で準備委員会を結成

写真・活発な議論がなされた準備委員会=兵庫県篠山市北新町で

2020年のNHK大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公にした「麒麟がくる」に決定したことを受け、5月14日、兵庫県篠山市内でゆかりのある地域の住民が集まり、大河を地域振興に生かすための準備委員会を結成し、篠山城大書院で初めての会合を開いた。ドラマ放送をきっかけに、篠山における光秀や、光秀に討たれた波多野秀治など地域の歴史を見つめ直しながら、観光振興などにもつなげるために活発に議論。甲冑が並ぶ虎の間での会合はさながら“軍議”のようになり、熱い意見が交わされていた。

Share

Recent Posts

催し多彩に「観月園遊会」 9月25日、篠山市民センターで

 「第20回観月園遊会」が9月25日午後…

8時間 ago

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

1日 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

2日 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

2日 ago