「端っこ同士仲良く」 西野々と天引地区 カーレース前に合同清掃


写真・清掃活動を前に記念撮影に納まる両地区の住民ら=京都府南丹市園部町天引で

国道372号線の天引峠を挟んで隣り合う兵庫県篠山市西野々と京都府南丹市園部町天引の住民らが5月20日、同峠の旧道で清掃活動を行った。毎年この時期に開かれるクラシックカーのレース「あまびきヒルクライム」を前にし、これまで各々が清掃していたが、初めて同時に実施。往年の名車が駆け抜ける道を清掃しながら、隣村同士の交流も兼ねて美化に励んだ。

レースは、クラシックカーラリー「コッパ ディ京都」(実行委主催)の一環で、現在は使用されていない同国道の旧道で過去に2度開催。今年は6月2日午前11時半から、天引地区の八幡神社グラウンドに約55台のクラシックカーが集結し、峠を駆け上がってタイムを競う。

(詳細は篠山市版5月24日号)