まけきらい稲荷から着想 富安陽子さんが新作童話出版


写真・出版した「菜の子ちゃんとキツネ力士」を手にする児童文学作家の富安陽子さん=東京都で(提供・福音館書店)

写真・出版した「菜の子ちゃんとキツネ力士」を手にする児童文学作家の富安陽子さん=東京都で(提供・福音館書店)

日本を代表する児童文学作家、富安陽子さん(大阪府在住)が、篠山市のまけきらい稲荷から着想した新作「菜の子ちゃんとキツネ力士」を福音館書店(本社・東京)から出した。不思議な転校生の菜の子ちゃんと地元の小学生リカコが、キツネ力士たちのピンチを助けようと奮闘する物語。作家自身が篠山で取材し、地域の昔話のエッセンスを含んだ創作童話で、篠山小学校がモデルになった挿絵も目を引く。