味間奥で多彩に催し 6月2・3日、大国寺と丹波茶まつり


写真・ポスターを手に、茶まつりへの来場を呼びかける波多野誠実行委員長(右)と青年会議所の波多野雄介理事長=兵庫県篠山市北新町で

「第38回大国寺と丹波茶まつり」(同実行委員会主催、波多野誠実行委員長)が6月2、3の両日午前10時―午後4時、兵庫県篠山市味間奥の茶の里会館と大国寺周辺で開かれる。

両日ともに、観光大使がふんした茶娘の写真撮影会(午後1時半―2時)や餅まき(3時40分から)があるほか、お茶の手摘み・手もみ体験(有料。午前10時―午後1時)、高校生による茶席、箏や尺八の演奏会なども催される。

(詳細は篠山市版5月31日号)