Categories: たんばのひと

篠山市農都創造政策官 森本秀樹さん(三木市吉川町)

足跡残した篠山で再び

1991年から10年間、篠山農業改良普及センターに勤務し、篠山の農業振興に尽力、大きな足跡を残した。この春、加西農業改良普及センター所長補佐を最後に定年退職。8・2ヘクタールの水田がある実家の農業に専念するつもりでいたが、酒井篠山市長らのラブコールを受け、市の農都創造政策官に就任した。「私を育ててくれた篠山に恩返しができれば」と話す。

篠山での普及員時代、転作面積の60%以上を特産物(山の芋、黒大豆など)で占める「たんば特産60運動」を提唱。新たな特産の育成にと、「市ぶどう研究会」の発足に尽くした。さらに集落営農を推進。その手法などをまとめた本を3冊出した。篠山での活動が評価され、昨年11月、功績のあった農業改良普及員に贈られる「徳安記念普及功労賞」を受けたのをはじめ、各種の受賞歴がある。

篠山にいたとき、栗の振興に「栗剪定士制度」を創設。篠山を離れた後、剪定士の協議会ができた。「先ごろ協議会の総会に招かれました。栗栽培への熱い思いが脈々と引き継がれており、うれしかった」。農都創造政策官に就任後、市内の農業関係者らにあいさつに回った。「『よう帰ってきてくれた』『また頼むで』などと声をかけていただき、普及員冥利に尽きる思いでした」

市内の農地約3800ヘクタールのうち、44%の約1700ヘクタールで将来の担い手がないとみられている。「担い手をいかに育てるか、特産物をいかに次代につなげるか、環境にやさしい農業をどう進めるか。これらの課題にこれまでの体験が少しでも生かせればと思います。現場を大切にし、農家とのコミュニケーションを密にしていきたい」。60歳。

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

17時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

17時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

17時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

17時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago