草山温泉観光が50周年 節目の株主総会開く


写真・50周年を迎えた大谷にしき荘=篠山市遠方で

篠山市遠方地区の住民でつくる「草山温泉 大谷にしき荘」のオーナー会社、草山温泉観光(松本崇三郎社長)が創立50周年を迎え、5月13日に同地区公民館で節目の第50期定期株主総会が開かれた。住民組織でつくる株式会社は当時から珍しい存在として注目を集め、時代の流れに対応しながら地域活性化に向けた先人の思いを今に受け継いでいる。記念事業として、これまでの歩みを詳細に記した「記念誌」(印刷・丹波新聞社)を発行、総会の会場で配布した。