高校教諭が企業見学 地元就職促進に篠山市が企画


写真・現場を見学し説明を受ける産高教諭=兵庫県篠山市風深で

篠山市は5月17日、市内高校の教諭を対象にした企業見学会を行った。高卒者の市内での就職を促すため、地元企業について教諭にも理解を深めてもらい、進路指導に役立ててもらおうと、初めて計画した。篠山産業高校の教諭6人が6社を回り、現場を見学、説明を受けた。21日にも予定している。

同市風深で昨年11月に稼働した金属加工業の兵庫精密工業所篠山工場(本社・神戸市)では、高橋毅社長補佐が案内した。

来年度、2―3人の新卒者採用を予定しているという。