Categories: ニュース篠山市

「あ・うん」そろった仁王さん 兵庫・篠山の文保寺で

修理が終わり、再び楼門に安置された仁王・吽形像=兵庫県篠山市味間南で

兵庫県篠山市味間南の文保寺の仁王(金剛力士)像「吽形」が修理を終え、7日、同寺の楼門に戻された。

阿形像は昨年4月に修理を終えており、再興から700年の節目を迎えた同寺に、2年半ぶりに阿形、吽形一対の仁王像がそろった。檀信徒らは「おかえりなさい」と声を掛け喜んだ。

室町時代の1378年の作。経年劣化で傷みが激しかったため、2015年12月から修理に出していた。約370年前の江戸時代以来の解体修理だった。

(詳細は篠山市版6月14日号で)

 

Share

Recent Posts

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

15時間 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

2日 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

2日 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

3日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

3日 ago