Categories: 記者ノートコラム

「当意即妙」は難しい

インタビューを受ける側の難しさを実感することがあった。FM805たんばの「社長STORY」というラジオ番組に、弊社の社長が出演した際、“サポーター”として収録に参加した。

インタビュアーは、元NHKアナウンサーの村上信夫さん。1時間番組だが、台本は一切なし、編集もなし。村上さんの進行は、さすがのひと言。楽しんでおられるようにすら見えるほど、余裕が感じられた。突っ込んだ質問もあり、当意即妙という言葉がぴったりだった。

2人のやりとりが続くなか、時折、社長の人柄を引き出すような質問が飛んできた。しかし、後から思えば村上さんの絶妙のパスに、ずれた答えしかできない私。ふだん、会話のコミュニケーション能力が低いかも…と思ってはいたが、ラジオ出演を通じて客観的にそれが分かった。

今回の経験で、新聞社のインタビューにすらすらと答えて下さる方たちのすごさが分かった。また、質問される側は、なかなか思っていることをすぐにうまく言葉にできないことも心に留めておこうと思った。
(古西 純)

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

13時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

13時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago