Categories: 記者ノートコラム

それぞれのクリーン作戦

6月3日、各地でクリーン作戦があった。その日は取材日でいろんなところで市民が熱心にごみを拾ったり、草刈りをしていた。

春日町黒井の上ゲ町ではクリーン作戦の前に避難訓練。組ごとに集まってから、指定避難場所に住民らが集まった。その後、クリーン作戦を行い、防災・環境部員がポイ捨ての啓発看板を取り付けた。啓発看板は「ポイ捨てするな」のネガティブな言葉ではなく、「ありがとう!きれいな堤」「たのしいね!きれいな堤」など、ポジティブな言葉を入れた看板で、ほっとする。今後は住民の俳句や川柳なども入れる計画とのことで、さらに楽しい道になるだろう。

また、春日町小多利ではクリーン作戦の後、花壇の植え付けを行った。その後、公民館で「ふれあいカフェ」。この日は子どもたちが接客に加わり、お年寄りに肩たたきしたり、飲み物を運ぶなどして、世代を超えた触れ合いを楽しんだ。

各地で高齢化やコミュニケーションの希薄化で行事の参加者数が減っているという課題を聞く。行事を1日にまとめたこのような取り組みは参考になる。(坂井謙介)

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

18時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

18時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

18時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

18時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago