Categories: ニュース篠山市

子どもたちも獣害対策 スイカ畑にネット  兵庫・篠山市

スイカ畑の上部にカラス避けのビニールひもを張り巡らせる大山小の児童たち=篠山市大山新で

 兵庫県篠山市の大山小学校の5、6年生16人で組織する「緑の少年団」が14日、同校裏の農園で栽培しているスイカをアライグマなどの獣害から守ろうと、畑の周囲にネットを張った。

 同団は活動の一つとして、大山地区特産のスイカを毎年栽培しており、7月下旬に開かれるスイカ祭りの品評会に出品したり、シャーベットに加工して販売するなどしている。

 一昨年は獣害対策が甘かったため、半数以上が被害を受けたため、苦い体験を教訓に、昨年から万全の防御態勢で栽培を行っている。

(詳細は篠山版6月17日号で)

Share

Recent Posts

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 9月30日、田園交響ホールで

 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」が9月3…

51分 ago

和田地区の委員増を提案 山南地域の中学統合協議再開めざし

 丹波市教育委員会は山南地域の中学校統合…

51分 ago

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

1日 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

1日 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

1日 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago