羽生善治さんが対局 11月に福知山城で「竜王戦」


写真・将棋を指す羽生さん(福知山市提供)

将棋のタイトル戦「第31期竜王戦」(日本将棋連盟など主催)の第4局が11月24、25の両日、福知山城(福知山市内記)で開かれる。第30期の竜王・羽生善治さん(47)と、トーナメントなどを勝ち抜いた挑戦者(9月までに決定)が盤上で熱戦を繰り広げる。

市が竜王戦の公募に申し込み、将棋を通じた地域文化振興、話題性などが考慮され、開催が決定。竜王戦の第4局開催前後は、同城を閉館する。

竜王戦は、8つある将棋のタイトル戦の中でも最高位に位置付けられており、毎年10―12月ごろに「竜王」の称号をかけて7番勝負が行われる。先に4勝した方が勝ちのため、羽生さんか挑戦者のどちらかが4連勝した場合、福知山城で今期の「竜王」が決定する。現在、人気棋士・藤井聡太七段(15)もトーナメント戦に勝ち残っている。