「特定外来生物」指定・オオキンケイギク「駆除」を 篠山市が啓発


写真・ヒメジョオンと混じって道端に咲くオオキンケイギク=兵庫県篠山市上板井で

 篠山市は、5―7月にかけて咲く黄色いコスモスに似た「オオキンケイギク」を繁茂させないよう注意を呼び掛けている。道端や河原などで見られる北米原産のキク科の多年草。繁殖力が非常に強く、日本在来の野草を駆逐してしまうため、環境省は生態系に重大な影響を及ぼす恐れがある植物として2006年に「特定外来生物」に指定し、栽培、運搬、販売、野外に放つことなどを禁じている。市は「きれいな花だからと、庭に植えたり、草刈りの際、刈り残したりせず、駆除するようにしてほしい」と啓発している。

 オオキンケイギクの特徴は、花の直径が5―7センチほど。黄橙色で、花びらの先端は4、5つに分かれてギザギザしている。八重咲もある。草丈は30―70センチほど。葉は細長いへら状で、葉幅は広い部分で1センチほどになり、両面に荒い毛が生えている。花のようすがニワトリのとさかに似ている、などのことから「大金鶏菊」の名が付いた。
 駆除の方法は、種子をつける前に刈り取ることは有効だが、できる限り根から引き抜く。ただし、外来生物法により、駆除したキクは生きたまま運搬することが禁止されているので、種子が拡散しないよう注意を払いながら、天日にさらして枯れさせ、燃えるごみとして処分する。

日本生態学会が定めた、日本の外来種の中でも特に生態系や人間活動への影響が大きい生物のリスト「日本の侵略的外来種ワースト100」にも指定されている。

 市農都環境課(TEL079・552・1117)。