Categories: ニュース丹波市

似た市名縁に民間交流 TambaとロシアのTambov 春日の河津さん

 サッカーW杯ロシア大会が盛り上がるなか、ロシア留学経験がある河津雅人さん(32)=兵庫県丹波市春日町朝日=が、似た名前のロシアの街、タンボフ市(Tambov)と丹波市(Tamba)の民間交流を進める「丹波・タンボフ交流協会」を立ち上げた。インターネット上に交流ページを作り、7200㌔離れた両市の情報を共有している。秋には、タンボフから会員が来丹する。「民間交流で機運を盛り上げ、ゆくゆくは姉妹都市提携に発展すれば」と期待している。

 タンボフは首都モスクワの南東460キロにあるタンボフ州の州都。人口30万人弱。

 ロシアと日本の友好団体、露日協会タンボフ支部長のヴィヤチェスラフ・フェドートフさん(55)が2015年、兵庫県の地図で、似た名のまち「Tamba」を見つけ、姉妹都市提携を思い立った。インターネット上で丹波市関係者を探していた17年1月、共通の知人を介し、ロシア語が堪能な河津さんと知り合った。同時期にフェドートフさんは丹波市にインターネット経由で新年のあいさつ文と動画を送付。動画は、同支部の男女が凍てつくまちを背景に「恋するフォーチュンクッキー」を踊るものだった。

 他に交流先があると、丹波市がタンボフの申し出を断った後も2人はやり取りを続け、丹波市民2人と、タンボフ市民4人ほどで「交流協会」を作り、先月「フェイスブック」に協会ページを立ち上げた。

 河津さんがロシア語訳した丹波市や日本文化、日本語訳したタンボフの地元紙の情報などを掲載。タンボフ側は、現地の日本文化を紹介する催しなどを投稿。W杯関連の投稿もある。河津さんがもたらす情報が、先方が丹波市を知る手段のほぼ全てという。

 10月に何度目かの来日を果たすフェドートフさんは来丹し、河津さんの案内で市内を巡る。タンボフで日本語、丹波でロシア語教室を開くことや、芸術家の相互派遣など、互いに温めている今後の協会の活動構想を話し合う。

写真・露日協会タンボフ支部が丹波市に送った新年を祝う動画
Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

14時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

14時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago