Categories: 丹波春秋

川端謹次展

 柏原出身の川端謹次画伯の展覧会が植野記念美術館で開かれている。没後20年。筆者が神戸のお宅を訪ねたのは、その1年前の1997年だった。「絵を描くことだけが楽しみ」の人だということがよくわかった。

 3男の皓孔さんによると、家族と一緒に食事していた温泉宿の団欒の席で椀の蓋の裏をじっと見つめていて、「水滴が綺麗だ」と言ってスケッチを始めたという。

 海や港の絵で、遠くに浮かぶ船がスススっと簡単に描いてあるようですごくリアル感を持つ。街角や木立に垣間見られる人物もごく軽妙なタッチで、顔は分からなくても表情がよく伝わってくる。

 川端さんと言えば風景画を思い浮かべるが、今回の展示では9点の草花のスケッチが出ている。実に精密で、「花びら8枚重なる」とか「つぼみが2つに割れ7~8つに分かれためしべ」などと書いた拡大図まで。このような細かい観察眼のベースの上にあの風景画が成立しているのだろう。

 「描いた絵はどの1枚とっても孫のよう」と、手放すことを嫌った川端さん。あれだけの技量だから、画商がかんでいれば全国にもっと名前が知れ渡ったと思うが、手放さなかったからこそ、こうして沢山の絵が地元の美術館に寄贈され、まとめて鑑賞できることになったとも言える。もっと多くの市民に観てほしい。(E)

Share

Recent Posts

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

19時間 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

19時間 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

19時間 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

2日 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

2日 ago