Categories: ニュース篠山市

甘くて大粒 黒大豆で納豆 農家7人で株式会社/兵庫・篠山市

写真・株式会社「コベクロ」が売り出し中の黒豆納豆「KOBEKURO」

 丹波黒大豆と言えば、おせち料理には欠かせない高級食材。その本場、兵庫県篠山市の農家が黒大豆を使った「納豆」の販売に取り組んでいる。

 丹波黒大豆の元祖といわれる品種「波部黒」を使用した商品は、「KOBEKURO(コベクロ)」(税込390円)。大粒で甘味が強いのが特徴で、同市内の観光施設などで販売している。

 黒大豆は通常、「2L」「L」サイズの大きなものは正月の煮豆用として高値で取引されるが、「M」になると、品質が良くても一気に価格が下がる。

 そこで、神戸大学とともに商品を共同開発した農家7人で設立した株式会社「コベクロ」(森口久社長)が「M」でも高値で買い取り、納豆の原料にして販売することで、生産者の意欲向上を狙う。正月用のように納期に追われることなく、年中受け入れられるのも利点の一つという。

 森口社長は、「生産者も黒豆の元祖であるという誇りをもって作っている。黒豆納豆で大儲けできるわけじゃないが、黒豆農家の育成や営農組織としての役割を担う、まちづくりだと思っている」と話している。

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

14時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

14時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago