Categories: ニュース篠山市

軒の下のオオルリ 珍しい営巣/兵庫・篠山市

写真・巣の中のひなにえさを運び込むオオルリのオス=2018年7月19日午前10時19分、兵庫県篠山市今田町で

 兵庫県篠山市今田町の畠良博さん(69)宅の玄関脇の軒下で夏鳥の「オオルリ」が営巣している。人間が暮らす家に巣をつくるのはとても珍しいとみられる。

 サッシの上にこけを積み上げてこしらえた巣。ばね仕掛けのおもちゃのように体を起こし、大きく口を開けてえさをねだるひなが1羽確認でき、オス、メス両方の親鳥が交互にイモムシなどのえさを運び込んでいる。

 オスが名の通り美しい瑠璃色の羽を持つオオルリは、コマドリ、ウグイスと共に「日本三鳴鳥」に数えられるほどさえずりが美しい。全長約16センチで、日本には夏鳥として渡来、繁殖し、冬季は東南アジアで越冬する。

 通常、岩・土壁のくぼみにこけなどを用いて巣をつくる。兵庫県版レッドデータブックでは、県内の生息状況について、今後の動向を注目すべき種とする「要注目種」に指定されている。

 親鳥は、畠さんらが玄関先で作業している時は、庭木の茂みに身をひそめるが、激しく警戒するそぶりを見せる様子はない。

 畠さんは、「ツバメなら毎年、軒下で巣をつくっているが、今年はまさかオオルリがやって来るなんて」と驚き、「危険な人間ではないと判断してくれてのことかな。無事に巣立ってくれたら」と、妻の恵子さんと一緒にほほ笑んでいた。

 日本鳥学会会員の男性は、「オオルリは警戒心が強く、人の出入りの多いところで巣をつくるは珍しい」と言い、「7月にひなを育てるのは遅い。一度、子育てに失敗して、急ごしらえで営巣しているペアなのでは」と推測している。

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

23時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

23時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago