軟式野球 篠山鳳鳴が県連覇、全国へ


「第63回全国高校軟式野球選手権兵庫大会」の決勝戦が31日、三田市で開かれ、篠山鳳鳴と報徳が対戦。延長12回の末、篠山鳳鳴が2―1で報徳を破り、2年連続6回目の優勝を果たした。

 篠山鳳鳴は24日から明石市などで開かれる全国大会に出場する。昨年はベスト4まで駒を進めた。

 詳細は本紙8月2日号篠山版に掲載。

大木洸輝選手(背番号3)がスクイズを決め、3塁ランナーの市野咲選手が生還、サヨナラで全国の切符をつかんだ=三田市のキッピースタジアムで