丹波市災害ボラセン 対象を県内在住に拡大


 豪雨で浸水被害に遭った住宅の片付けを支援する「丹波市災害ボランティアセンター」は、11日からボランティアの対象をこれまでの市内在住・在勤者から兵庫県在住者に拡大する。

 同センターは9日から発足。初日のボランティアは6人で、被災者からのニーズ件数に対してボランティアの数が足りていないのが現状。

 ボランティアは、同市社会福祉協議会山南支所隣の「山南B&G海洋センター体育館」(同市山南町野坂)で午前8時半―正午の間に受付を済ませた後、市内各地の活動場所へボランティア自身の車で移動する。活動時間は午後3時まで。10人以上で参加の場合は、事前予約を。

 問い合わせやボランティアの派遣要請は同センター(0795・77・2359)。