Categories: ニュース丹波市

丹波市災害ボラセン 対象を県内在住に拡大

 豪雨で浸水被害に遭った住宅の片付けを支援する「丹波市災害ボランティアセンター」は、11日からボランティアの対象をこれまでの市内在住・在勤者から兵庫県在住者に拡大する。

 同センターは9日から発足。初日のボランティアは6人で、被災者からのニーズ件数に対してボランティアの数が足りていないのが現状。

 ボランティアは、同市社会福祉協議会山南支所隣の「山南B&G海洋センター体育館」(同市山南町野坂)で午前8時半―正午の間に受付を済ませた後、市内各地の活動場所へボランティア自身の車で移動する。活動時間は午後3時まで。10人以上で参加の場合は、事前予約を。

 問い合わせやボランティアの派遣要請は同センター(0795・77・2359)。

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

14時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

14時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

14時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

14時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago