Categories: 記者ノートコラム

「処暑」に秋の虫

 日本人は古くから、1年を24等分した「二十四節気」を引用し、季節の移ろいの目安にしてきた。中国からもたらされた暦の一種で、先人たちは、これを用いて花鳥風月を愛で、季節と共にある生活を楽しんできた。さらに細分化した「七十二候」もあるとか。しかし、そんな風情に浸る余裕がなかった今年の夏。篠山市消防本部によると、昨年7月の最高気温は33・1度、8月は34・2度だったが、今年は両月共に36・6度を記録。さらに猛暑日が連続したことも手伝い、この上ない厳しい夏となった。

 このコラムを書いているきょうは、二十四節気でいう「処暑」だ。暑さがおさまる時期ということになるのだが、扇風機の生ぬるい風を浴びながら執筆している私の口からは、「暑い」「あーしんど」の言葉しか出てこない。

 それでもこの日の夜、夢うつつの中で、庭先から「チンチンチン…」と鉦を叩くような音が聞こえてきた。数ある秋の虫の先陣を切って鳴き始める「カネタタキ」だ。体長1㌢ほどの小さな虫が、ささやかな季節のめぐりを知らせてくれ、なんだか気持ちがほっとした。(太治庄三)

Share

Recent Posts

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

14時間 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

14時間 ago

FIX

 高校の同窓会を開くことになり、会場予約…

14時間 ago

案山子

 「山田の中の一本足の案山子」で始まる「…

14時間 ago

アカペラの頂点決めよう! 12月に全国公募コンテスト/兵庫・篠山市

 黒大豆や民謡「デカンショ節」で知られる…

14時間 ago