Categories: 記者ノート

にわか山城ファン

 こども新聞の6―8月号で、丹波国ゆかりの戦国武将3人を特集して、にわか山城ファンになっている。

 赤井(荻野)直正が城主をしていた時、明智光秀の丹波攻めを受け、一度は光秀を追い返した舞台となった黒井城。地元の人たちが草刈りをされていて、さすがに登りやすい。

 直正とも手を組み、反織田勢力の一角としてろう城戦で光秀と戦った八上城の波多野秀治。八上城跡は悲話伝説が生まれた場所がいくつも残っていて、戦国時代を身近に感じられる。

 黒井城跡と八上城跡の周りには、光秀が築いた陣城がたくさんあったそうだ。光秀は、直正と秀治の連携を断つために、丹波市と篠山市の境に金山城をつくっており、その視野の広さに昔の人はすごいと感心してしまう。

 ちなみに、篠山市内には約100カ所も中世の城跡が残っているとか。あちこちの山に山城があったことを知ってから、丹波の山を見る目が変わった。車を運転しながら山を見ると、ふと山頂に昔の人たちの姿が見えたような気がして楽しくなる。
(古西 純)

Share

Recent Posts

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 9月30日、田園交響ホールで

 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」が9月3…

2時間 ago

和田地区の委員増を提案 山南地域の中学統合協議再開めざし

 丹波市教育委員会は山南地域の中学校統合…

2時間 ago

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

1日 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

1日 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

1日 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago