鳳鳴軟式野球部 2年連続全国へ 延長12回サヨナラ報徳破り県連覇


2年連続で全国大会出場を決めた篠山鳳鳴高校軟式野球部の選手たち=兵庫県三田市のアメニスキッピースタジアムで

 篠山鳳鳴高校(奥田格校長)の軟式野球部が、7月31日に三田市で行われた「全国高校軟式野球選手権兵庫大会」の決勝で、強豪の報徳学園を延長12回

サヨナラゲームで破り、2年連続6回目の全国選手権大会への出場を決めた。県2連覇の期待を背負い、プレッシャーを感じながらも勝ち取った全国への切符。選手たちは、「野球を楽しみたい」と、今年も大舞台に挑む。全国選手権は8月24日、明石トーカロ球場で開幕する。

 3回表に1点を先制された鳳鳴はその裏、1死2塁から小畠拓真君(2年)がライト方向へ2塁打を放ち、すぐに同点に追いついた。以降、鳳鳴打線は再三、得点圏へランナーを進めるも「あと一本」が出ない。鳳鳴の市野咲投手(3年)のコースを丁寧につく粘りのピッチングにバックも応えてピンチを救い、両者譲らずの試合は4回以降、延長11回までスコアボードに「0」が並んだ。

 12回表を3人で抑えた鳳鳴はその裏、先頭バッターの市野投手が左中間への2塁打で出塁。相手がバント処理をミスしたり、四球を選ぶなどして1死満塁のチャンスとなり、3番大木洸輝主将(3年)がスクイズを決め、3塁ランナーの市野投手がヘッドスライディングで生還。劇的なサヨナラで優勝を決めた。

 

報徳 001000000000|1

鳳鳴 001000000001|2

▽準決勝=鳳鳴2―1神港学園▽2回戦=鳳鳴5―0神戸村野工▽1回戦=鳳鳴8―0育英