全国高校軟式野球選手権大会(2日目) 兵庫代表・篠山鳳鳴が能代(秋田)を破り、1回戦を突破


1回戦に勝利し、校歌を歌う篠山鳳鳴軟式野球部のメンバーたち=兵庫県明石市で

 全国高校軟式野球選手権大会の2日目(1回戦)が25日、明石トーカロ球場で行われ、兵庫県代表の篠山鳳鳴が、秋田県代表の能代と対戦。延長13回、無死一・二塁から始まるタイブレークまで進む接戦を制し、2―1で勝利した。明日26日、姫路球場で河南(大阪)との2回戦に臨む。

 篠山鳳鳴は初回、1死三塁からスクイズで先制。7回に追いつかれ、試合はそのまま延長戦へ。タイブレークに突入した延長13回、送りバンドで3塁にランナーを進め、再びスクイズで1点リード。その裏を守り切り、勝利をつかんだ。

 

   1 2 3 4 5 6 7 8 9

鳳鳴 1 0 0 0 0 0 0 0 0

能代 0 0 0 0 0 0 1 0 0


   10 11 12 13       計

   0  0  0  1     2

   0  0  0  0     1

 試合の詳細は本紙8月30日(木)号に掲載予定です。