Categories: 記者ノート

「里山ようちえん ふえっこ」

 「となりのトトロ」のエンディングテーマ「さんぽ」のメロディーを保育士の竹岡さんがリコーダーで伴奏し、お母さんと子どもたちがみんなで歌う。丹波市山南町谷川の笛路村で行われている親子保育「里山ようちえん ふえっこ」のいつもの始まりの光景だ。

 お昼は毎回、おにぎりごはん。寒くなると、散歩の途中で枯れ枝を集め、石をいくつか置いたかまどで小さな焚き火をする。アルミホイルに包んだおにぎりを入れると、温かいランチのできあがり~。

 子どもが7カ月の頃から1歳になるまで、私も、約半年間「ふえっこ」に通わせてもらった。まだ歩けなかったのでほとんど抱っこ紐だったが、毎週、楽しみに参加させてもらった。自然遊びを大層に考えず、身の丈に合わせてやってみる。視点を変えれば、仲間がいれば、子どもたちと一緒なら、おもしろいことがいくらでもできる。一番教わったのはそんなことだったかもしれない。

 5日間の「ふえっこ まいにち」も年4回実施しており、現在、10月の参加者を募集中。NPO法人「丹のたね」のフェイスブックで情報が見られます。(古西 純)

Share

Recent Posts

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

15時間 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

2日 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

2日 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

3日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

3日 ago