プロ野球2軍戦 阪神対ソフトバンク 6月2日、春日スタジアムで


 プロ野球ウエスタンリーグ公式戦「阪神タイガース対福岡ソフトバンクホークス」が6月2日、春日スタジアム(兵庫県丹波市春日町下三井庄)で行われる。丹波市内の有志でつくるプロ野球ウエスタン・リーグ誘致実行委員会(山内佳子委員長)の主催。同スタジアムでは、2016年まで約20年間、ウエスタンリーグ公式戦が行われていたが、3年ぶりに「復活」する。

 午前9時半に開門、午後零時半にプレイボール。

 1996年、完成したばかりの同スタジアムの振興を目的に、オリックス・ブルーウェーブ(現バファローズ)のホームゲームとして開始。2017年シーズンから、バファローズが2軍の拠点施設を神戸市から大阪市舞洲地区に移転したのに伴い、同年から開催されなくなった。

 3年ぶりに同スタジアムでプロ野球開催をと、有志が実行委員会をつくって誘致に奔走。阪神球団に掛け合って開催が決まった。

 前売り券は市内各住民センターやインターネットなどで販売している。バックスタンド席は大人1500円(当日200円増)、小中学生500円(同100円増)、芝生スタンド席は大人800円(同200円増)、小中学生は無料。市文化・スポーツ課(0795・88・5057)。