光秀研究会が小冊子無料配布 人物像やゆかりの地掲載


丹波福知山明智光秀公研究会が作成した「明智光秀公と福知山AtoZ」

 丹波福知山明智光秀公研究会が「明智光秀公と福知山AtoZ」という小冊子を作り、
無料配布している。光秀の人物像を史実や伝説、伝承などを通じて写真と文章で紹介
している。

 

光秀や「赤鬼」ゆかりの地でマップ

 明智のAからZまでの26文字の頭文字により、光秀関連の文言を見つけ出し、福知山市を中心に丹波市、宮津市などのゆかりの地に会員が足を運び、写真を撮影した。CDサイズなので、コンパクトで見やすい。

 ▽円通寺には、光秀自筆の「下馬札」や「禁制」が伝えられている▽光秀に腹心として仕えた斎藤利三は黒井城陥落後に入城し、光秀の命を受けてこの地を治めた。娘のお福が成長し、徳川三代将軍、家光の乳母になっている―ことなども紹介。本能寺の変の原因などにも迫っている。

 3000部印刷。JR福知山駅内の福知山観光案内所に置いている。