童謡唱歌の祭典 13団体が出演 6月2日、丹波の森公苑で


 「第11回丹波の森童謡唱歌の祭典―親から子、子から孫へ歌いつごう!心にのこる美しいうた」が6月2日午後零時半から、丹波の森公苑で開かれる。「日本の童謡・唱歌をひろめる会」の主催。市内13の団体などが出演する。

 丹波の民俗芸能の特別鑑賞として、兵庫県丹波市春日町棚原の「棚原相撲甚句保存会」が、同地区に伝わる相撲甚句を披露する。また、特別出演として東小学校児童もステージに立つ。
 入場料400円(中学生以下無料)。同ホール(0795・72・5170)。