音楽療法セミナー 5月27日、青葉荘で


写真・セミナーの募集チラシを手に参加を募る梅谷浩子さん=兵庫県柏原町柏原で

 施設での音楽活動や音楽療法を学ぶセミナーが5月27日、養護老人ホーム青葉荘(兵庫県丹波市氷上町新郷)で開かれる。音楽療法に取り組む合奏研究家の折山とも子さんが講師を務め、同施設入所者の音楽療法の場面を見学するほか、実技・実践方法の指導を受ける。定員30人で、参加者を募っている。

 同施設で30年にわたり器楽演奏を指導している音楽療法士、梅谷浩子さん(氷上町)らでつくる現場音楽研究会丹波支部の主催で、同施設が協賛・協力する。

 梅谷さんは1年前から折山さんに師事し、西宮市の教室に通っている。音楽療法士の研修機会が丹波地域では少ないことから、地元の人たちと共に手法を学ぼうと、セミナーを企画した。

 折山さんは、桐朋学園ピアノ科を卒業。現在、合奏システム研究所を主宰し、札幌、東京、京都、奈良、神戸、福岡で定期講座を開いている。病院やデイケア施設などで、音楽療法を実践。音楽療法の講座の講師を多く務める一線で活躍中の指導者。

 1部(午前9時40分から)が、折山さんの指導による青葉荘利用者の器楽演奏の見学と振り返り。2部(午後零時半から)が、実技・実践で、トーンチャイムや打楽器を使った合奏を体験し、高齢者の覚醒、表現を引き出す伴奏法や指揮法を学ぶ。

 料金4000円(1部か2部のみの参加は2000円)。申し込みは梅谷さん(TEL090・5063・2605)。