「丹波篠山ミュージカル」出演者募る 8月にオーディション


写真・丹波篠山市民ミュージカルへの参加を呼び掛けるホールスタッフ=兵庫県丹波篠山市北新町で

 田園交響ホール(兵庫県丹波篠山市北新町)は7月21日まで、来年2月に同ホールで開催予定の「丹波篠山市民ミュージカル」の出演者を募っている。参加無料で、8月3日午前10時から、丹波篠山市民センター(同市黒岡)でオーディションを行う。

 今回で9回目となるミュージカルの演目は、「ヘレン・ケラーとサリバン先生」。聴力・視力・言葉を失ったヘレン・ケラーと、三重苦を抱えた彼女と向き合ったサリバン先生の物語を描く。

 演出や脚本、振り付け、作曲は、大阪の演劇集団「パインコーン」の松本昇三代表らが務める。

 応募資格はプロ・アマ問わず小学生以上で、年齢や性別、居住地などを問わない。

 オーディションは得意な歌と面接で行う。キャスティングは練習していく中で演出家と協議して決める。

 練習は8月25日から毎週日曜日の午後5時以降を予定している。本番は2月9日と11日。

 2018年に上演した「ピノッキオ」には57人が出演し、観客数は4回公演で計2100人だった。

 同ホールは、「人生にとって何が大切かを気づいてもらい、出演者、観客ともに勇気と希望がわいてくるようなミュージカルを目指したい」とオーディションへの参加を呼び掛けている。

 所定の用紙で申し込む。
 問い合わせは同ホール(TEL079・552・3600)。