「夏のうつわ」100点展示 8月25日まで 陶の郷内窯元横丁で 


8月25日まで開かれている企画展「夏のうつわ展」=兵庫県丹波篠山市今田町上立杭で

 丹波立杭陶磁器協同組合(市野秀之理事長)が立杭陶の郷(兵庫県丹波篠山市今田町上立杭)内の丹波焼展示即売所「窯元横丁」で、企画展「夏のうつわ展」を開いている。丹波焼窯元によるカップや茶わん、鉢など、涼し気な雰囲気を放つやきもの約100種類を展示・販売している。小鉢は1000円くらいから。8月25日まで。

 蚊取り線香用灰皿「蚊遣り器」や、淡い青や緑色の釉薬を施した鉢や皿、小鉢をはじめ、砂化粧や泥彩で白っぽく仕上げたフリーカップ、空や海を連想させるぐんじょう色の食器など夏を意識したやきものがずらりと並んでいる。特にこの時期、需要の多いビールカップは多彩な形状、色使いで品数が充実している。

 家族4人で来場していた三原瑞希さん(31)=同県加古川市=は、「和食器が好き。丹波焼は伝統を重んじた重厚な雰囲気のものから、現代的な色や形をしたおしゃれなものまでラインナップが多彩なので私の感覚に合っています」と話し、多数のやきものを買い求めていた。

 開場時間は、午前10時―午後6時。期間中無休。陶の郷(079・597・2034)。