セーラー服に下駄姿も 市民が映した沖縄


市民が撮った映像を紹介しながら当時の社会背景や世相などを解説する真喜屋さん(左)の話に耳を傾ける観客たち=兵庫県丹波市柏原町で

 「沖縄の8ミリ映画上映会―市民が映した沖縄の戦後史」が1日、兵庫県丹波市の丹波新聞社で行われた。参加者16人が、沖縄の映画監督が紹介する1950年代ごろから日本復帰前後の映像を興味深く視聴し、沖縄社会や文化について理解を深めるとともに、家庭に眠る8ミリ映像を発掘し公共の財産にすることの意義に触れた。

 市民が撮った8ミリ映画を歴史資料として後世に残す活動に取り組んでいる、「沖縄アーカイブ研究所」運営者で、映画監督の真喜屋力さん(那覇市)が、収集した1950年代から80年ごろの映像を紹介。
 
 普段市民が入れない基地内の米軍病院で1950年代に開かれた開院記念イベントを撮った映像に偶然映りこんだ、セーラー服に下駄、という当時の女子高生の出で立ちを見つけ、結婚式の宴席でウイスキーを傾ける男性たちの映像から、「日本に復帰する前は税金が安かったのでウイスキーが一般的で、泡盛より好まれた」などと当時の沖縄社会、文化を読み取った。

 1歳男児の誕生日に、筆、紙幣、そろばんなどを子の目の前に置き、子が何を選ぶかで子が将来進む道を占う「タンカーユーエイ」など、沖縄独特の風習の映像などもあった。

 1972年5月15日の「復帰記念式典」の映像では、大雨や、機動隊ともみあうデモ隊のようすなどが紹介され、真喜屋さんは「テレビなどは式典会場の中しか撮影しておらず、会場の外のようすは記録していない。会場の中に入れない一般市民だから撮影ができた貴重な映像資料」などと解説。市井の人が撮影した映像を集める価値を説いた。

 「思わぬ物が偶然写り込んでいたり、電柱の張り紙やポスターなどから当時の世相を知れたりするのが8ミリのおもしろいところ。丹波地域の家々でもたくさん眠っているだろう。誰かが掘り起こす作業をすると、きっとおもしろい」などと締めくくった。