丹波そば切り「花格子(はなこうし)」


そば湯まで楽しんで

 国内の産地から仕入れたそばの実を石うすで自家製粉し、その日使う分だけを十割の手打ちにしている。大量生産はできないため、売り切れることも。

 「季節の蕎麦」を2、3品用意。初夏の味は「辛味大根おろし蕎麦」(1320円)、「鱧天ぷらとすだちかけ蕎麦」(1700円)など。自家焙煎白ごまたっぷりの「ごまつゆ冷やしかけ蕎麦」も、梅雨恒例の人気の一品とか。そばとご飯ものが選べ、小鉢が付く「蕎麦膳」もある。

 そばの甘味との相性にこだわったつゆの味が店の特徴。同店の石田悌丞さんは「最後のそば湯まで楽しんでほしい」と話している。

兵庫県丹波篠山市河原町160
tel.079・552・2808
営業時間/11:30~14:30(最終入店)
17:30~20:30(同)
定休日/月曜(祝日の場合は翌日)、定休日前日の夜
ブログ hanakoushi.jugem.jp