酒気帯び運転で信号無視容疑 72歳男を現行犯逮捕


 兵庫県篠山市の篠山署は5月30日午後3時9分、酒気帯び運転と信号無視の疑いで、同県丹波市氷上町の無職の男(72)を現行犯逮捕した。

 同署によると、同日午後2時45分ごろ、同県丹波篠山市味間南の国道176号で、普通車を運転していた男が信号無視をしたため同署員が現行犯逮捕した。その際、酒の匂いがしたためアルコール検査を行ったところ、呼気1リットル中0・15ミリグラム以上のアルコールを検出したため、酒気帯び運転の容疑でも逮捕した。