電子書籍

  • 丹波黒大豆の300年

    定価1,000円+税
    島原作夫
    大きな粒の歴史と実態を描き出す一冊「丹波黒大豆の300年」 購入のお申込みはハガキでお願いします。〒671-1134姫路市大津区真砂町100-2島原作夫あて
  • 白髪のモコのブログ2

    無料
    森本幸治
    「白髪のモコのブログ」の第2弾。2011年3月から6か月間のブログをまとめた1冊。好きな「鉄道」「犬」「自然」など紹介し田舎の良さを伝えている。
  • 白髪のモコのブログ

    無料
    森本幸治
    2010年9月から始めたインターネット上の日記「ブログ」7か月分をまとめた。政治や季節、ドラマ、思い出、篠山の風景など写真と共に取り上げている。
  • 私の人生式次第

    無料
    森本幸治
     2009年まで34年間、篠山の国道沿いで食堂を開き、ドライバーらに親しまれていた著者の回顧談。旧制中学を中退し、灘の酒蔵への出稼ぎ、線路補修や酒薦(こも)作りの仕事などを転々とした後、野菜の直売から始めて食堂開店へとつながる波乱万丈の人生。持ち前の楽天的な性格で乗...
  • 俳句の植物

    1500円
    細見末雄(丹波自然友の会編)
     小中学校の教師のかたわら、丹波地方の植物について広範な調査研究をした著者(1998年死去)が、丹波新聞に連載した記事。歴史や古典にも造詣の深かった著者が、古今東西の詩歌、句を散りばめながら「歳時記とは異なる解説」を試みたもので、著者から指導を受けた自然愛好グルー...
  • 「丹波人」と私

    1000円
    上高子
     著者は丹波新聞社の東京駐在嘱託記者。各界で活躍する丹波出身者の近況などをインタビューする「丹波人NOW」のうち、東京近辺在住者の分を担当している。2008年まで10年余りの間に記事にした百数十人を対象に、うち25人は再取材、ほかの人もその後の消息を出来る限り加筆し...
  • 極楽の余り風 第三集

    1000円
    清水雅子
     丹波新聞に毎週連載中の人気エッセイ。丹波出身で、嫁ぎ先の岐阜県から時々帰省する著者が、高校まで過ごした丹波の思い出、現在の生活、家族や趣味の俳句のことなどについて、自在に書き綴る。第3集は2007年3月まで4年間の分をまとめた。「祖父のラブレター」、「いなくなっ...
  • 自分史 わが複線人生の記

    無料
    勝川浩幸
     小中学校の教員を定年退職し、氷上町(現丹波市)立図書館長の勤めも終えた筆者が、子供時代からこれまでの人生を振り返って自分史にまとめた。著者は「退職後に成し遂げたいこと」として、①40年以上、郵便碁を続けてきた米国人の大学教授との出会い②自分史の執筆③四国八十八ヶ寺...

閲覧数ランキング

携帯でパチリ

こけの上に

(4月24日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。