極楽の余り風 第三集
▼書籍のご購入、ダウンロードはこちらから
お客様のプラットフォームで読むことのできるファイルフォーマットの「購入手続きへ進む」ボタンを押すことで、コンテンツを購入いただくことができます。

極楽の余り風 第三集

清水雅子
  • 価格(税込)
    1000円
  • 発売日
    2011年1月10日
  • 仕様
目次
一章 祖父のラブレター 二章 時計草のリース 三章 遺品 四章 芽起しの雨
概要文
 丹波新聞に毎週連載中の人気エッセイ。丹波出身で、嫁ぎ先の岐阜県から時々帰省する著者が、高校まで過ごした丹波の思い出、現在の生活、家族や趣味の俳句のことなどについて、自在に書き綴る。第3集は2007年3月まで4年間の分をまとめた。「祖父のラブレター」、「いなくなったチロ」、「山蕗の炊いたん」などの項が並ぶ。  何事にも好奇心旺盛な著者の温かく、かつ透徹した眼がうかがえる。標題の「極楽の余り風」は、丹波に伝わる古い言葉で、盆の頃、田んぼから吹き込んでくる涼しい風のこと。第1集に収録された同名のエッセイから取った。

閲覧数ランキング

携帯でパチリ

何に見える?

(7月22日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。