法事

2017年04月24日

 私事だが、きょう、我が家で33回忌の法要がある。さて、この法要だが、一説によると、徳川幕府の官僚が考えたものらしい。寺は、幕府の政治を担う重要な部門だったが、封建経済の矛盾が寺院経営にもあらわれ、寺の運営が難しくなった。そこで幕府の体制温存のために法要を思いついた。▼葬式で終わりにせず、1周忌、3回忌、7回忌…と法事をやることで、寺の収入源を確保したというわけ。この説の通り、法事の起源に権力者の思惑があったとしても、法事は一般庶民の間にしっかりと根づいた。それは庶民の「先祖崇拝」の信仰心に法事がマッチしたからだろう。▼キリスト教徒は神に祈るが、亡くなった近親者に祈ったりしない。欧米では一人ひとりが神に直接つながっていると考える。先祖代々の命が受け継がれて自分があるのではなく、先祖は自分と横並びの人間という感覚。対して日本人は仏壇に先祖の霊をまつり、崇拝する。▼ドイツ出身の僧侶、ネルケ無方氏は欧米には見られない日本人の宗教心にふれ、「日本人にとっては、キリスト教徒の神の役割を先祖が演じているのであろう」と指摘する。先祖崇拝の観念は、日本に仏教が伝来する以前からあり、日本人の宗教心の核になっているといわれる。▼きょうは、先祖を偲ぶ一日としよう。(Y)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

何に見える?

(7月22日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。