ちっぽけな原動力もあるからこそ!

2017年09月14日

 「あかん、もう無理!やーめた!」という一声で今季のブルーベリー収穫は終了。木にはまだ色づく実もあるが、気温が真夏の様に上がらなくなると完熟する前に水っぽく弾けてしまったり、口当たりも悪くなる。加工用として出荷も出来るが、選別するのに異常に時間がかかり、2カ月間ひたすら収穫、出荷していると、もうホント、ガマンの限界!ある程度見切りをつけたくなるのが心情である。

 7月に始まり、お客様にあの甘くて芳醇なブルーベリーを届けたくて、たくさんの笑顔に救われ楽しく収穫。8月は注文に追われ、切羽詰まって収穫。時々雨に泣かされ、天を仰ぐ。下旬、疲れも出だし、もう少しと自分たちを励まし収穫。9月は少し先が見え、気分一新収穫。それでももう終わりたい自分と、今年はチビタの学習机を買いたくて、ハッキリ言って欲と闘い収穫。

 そう!開き直る母ちゃんは声を大にして言います!人間には三大欲求という、食欲、睡眠欲、性欲があり、更に様々な強欲に駆られて生きるイキモノ。そう、母ちゃんは学習机が欲しくて、これだけ採ってイス代、これだけ採って本棚代、これだけ採って机代と言いながら収穫。欲はやる気に繋がると豪語する母ちゃんに対し、父ちゃんは苦笑い。が、この時期、ブルーベリー畑は夏を乗り越えた強靭な藪蚊が煙の如く舞いまくる。結局、母ちゃんのちっぽけな金銭欲は藪蚊にへし折られ、あえなく撃沈、終了宣言をすることと相成った次第である。
(古谷暁子・ブルーベリー農家)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。